五島たいらのデイリー・ほっとレポート

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北電力、家庭向け黒字、値上げに疑問符

<<   作成日時 : 2013/09/05 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月1日から東北電力の料金値上げが実施されました。ところが、その直前の8月28日付「河北新報」1面トップに、2012年度の部門別収支計算書で、家庭向け部門が2600万円の黒字であったことが報じられ、「値上げに疑問符」という見出しまで付けられました。
 今回の値上げに際し、東北電力は一貫して「財務状況が厳しい。このままでは4期連続赤字になる」ということを言い続けてきました。しかし、申請理由や公聴会などでの説明と食い違っていたことが分かったわけです。しかも、電力各社の2012年度の結果で、家庭向けの収支が黒字だったのは、東北電力だけ。
 この部門別収支計算書というのは、各社の決算時には明らかにされず、経産省が各社の提出データを受け、毎年夏ごろに発表しているそうです。その目的は、自由化されている企業向け部門で生んだ赤字を、家庭向けで充当していないか監視するためとのこと。東北電力の同年度企業向けは356億円の赤字、その一部を家庭向けで埋め合わせていたことになります。だとしたら、値上げを認可した経産省も問題です。
 最近発売されたばかりの岩波新書「電気料金はなぜ上がるのか」(朝日新聞経済部)を読んでいるところです。隠された原発マネーの実態がよくわかる本です。いずれにしても、電気料金の値上げのカラクリが徐々に明らかになってきました。今回の問題も、利用者・国民に説明してきたことと違うわけですから、再度きちんとした説明をする責任が、東北電力にも経産省にもあるのではないでしょうか。
画像

 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北電力、家庭向け黒字、値上げに疑問符 五島たいらのデイリー・ほっとレポート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる